国際ロマンス詐欺

出会い系サイトで詐欺が横行!被害にあった時の2つの対処法とは?

2021年10月14日

出会い系サイトで詐欺が横行!!被害にあった時の2つの対処法とは?

「出会い系サイトで詐欺被害にあったものの対処法が分からない」と悩んでいませんか?

実際に詐欺被害にあったなら、対処が分からず悩むのも無理はありませんよね。

コロナ禍を受けて利用者が増加している出会い系サイトでは、国際ロマンス詐欺や投資詐欺の被害が急増しています。

  • ビジネスや投資に勧誘される
  • 送金してほしいと頼まれる
  • 副業に使う教材を買わされる

上記は投資詐欺・結婚詐欺・副業詐欺の疑いがあります。

そこで本記事では出会い系サイトで横行する詐欺や悪質な手口や、気をつけたいことなどを解説していきます。

投資詐欺・国際ロマンス詐欺などの被害にあわないためにはどうしたらよいか、確認していきましょう。

国際ロマンス詐欺についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
『国際ロマンス詐欺とは? 手口・対策・実際の事例などを徹底紹介』

この記事の内容

  • 出会い系サイトで横行する詐欺や悪質な手口
  • 詐欺にあったときの対処法
  • 詐欺被害にあわないために気をつけたいこと
局長
 詐欺被害について今すぐに相談したい方はこちらから!
double_arrow詐欺被害に強い弁護士事務所へ相談する

 

出会い系サイトで横行する詐欺や悪質な手口を紹介

出会い系サイトで横行する詐欺や悪質な手口を紹介

出会い系サイトやマッチングアプリなどでは、詐欺や悪質な手口が横行しています。

被害にあっても周囲に相談しづらいと感じる人も多いため、利用時には注意が必要です。

代表的なものとして、以下の5つを紹介します。

  • 国際ロマンス詐欺
  • 投資詐欺
  • 副業詐欺
  • 結婚詐欺
  • マルチ商法への勧誘
  • ぼったくり

それぞれについて、どのようなものか確認してみましょう。


国際ロマンス詐欺

国際ロマンス詐欺とは、外国人による交際や結婚をエサに送金を求められるという詐欺です。

近年国際ロマンス詐欺は流行しており、警察でも注意喚起を行っています。

国際ロマンス詐欺は、出会い系サイト・マッチングアプリ・SNSなどが舞台です。

詐欺師は日本人は聞き慣れていないような甘い言葉や求愛のメッセージを送ります。

やがて渡航費用や手術費用などを名目に金銭を要求するのが一般的なパターンです。

相手に対する恋愛感情があるため詐欺被害にあっても気づきにくく、騙されてしまうケースが後を絶ちません。

詐欺師は美男美女が多く、金銭的にも余裕があるような素振りを見せます。

局長
突然外国人から熱心なアプローチを受けたら、国際ロマンス詐欺の可能性を疑うようにするのじゃ。


投資詐欺

国際ロマンス詐欺と似た流れで展開しがちなのが、投資詐欺です。

詐欺師は交際や結婚などをほのめかしつつ、投資やギャンブルなどに誘導してきます。

投資にあたり別な人物を紹介され、最初に知り合った異性とは連絡がつかなくなるパターンも少なくありません。

いつのまにか、最初に知り合った異性とは連絡がつかなくなることもあります。

最初は儲けが出ているように見えても、そのお金はダミーです。

「出金には税金や保証金が必要」と次々に追加での送金を求められるでしょう。

ココに注意


投資したお金は戻らないため、出会い系サイトで知り合った外国人から投資に勧誘されても絶対に乗らないようにしましょう。


副業詐欺

副業詐欺とは「絶対に儲かる副業がある」として、商品購入や有料セミナーへの参加を求める詐欺です。

出会い系サイトで会った人物から勧誘されることもあれば、第三者を紹介されることもあります。

相手の指示に従っても具体的な副業方法が分からないという例も少なくありません。

代表的なパターンは以下のようなものです。

  • ツールを購入すると自動で儲かる
  • セミナーに参加すると仕事を紹介する
  • 換金率が高いポイントサイトがある
  • 資格を取得したら副業を紹介する

「絶対に儲かる」「確実に稼げる」などと誘われても、お金を払う副業には乗らないようにしましょう。


結婚詐欺

結婚詐欺とは、結婚する意志がない状態で結婚をエサに近づき、金品を要求する詐欺です。

最初は通常の交際に思えるものの、やがて相手から金品を要求されます。

「会社が倒産して高額な借金を背負った」
「親が重病になり治療費が必要になった」
「結婚のためにマンションが必要だ」

詐欺師は、さまざまな理由で高額な金銭を要求します。

オンライン婚活の流行もあり、相手の顔が見えないまま「交際している」という人も多いでしょう。

結婚を前提にした交際で「お金がない」という発言が出てきたら、結婚詐欺の可能性を考えて警戒してください。


マルチ商法への勧誘

マルチ商法とは、商品の販売をしつつ会員を勧誘するとリベートが受け取れる仕組みの販売形態です。

誰かを勧誘できると売り上げが上がるという仕組みから、出会い系サイトも勧誘の場として使われています。

ネットワークビジネスやMLMも、マルチ商法です。

違法ではないものの儲かる可能性があるのは、ごく一部の人間だけ。

誘いに乗って勧誘を続けていると友人やお金を失ってしまう可能性があります。

執拗に勧誘が続くうえに、第三者が勧誘を迫ってくることもあるため、注意が必要です。


ぼったくり

ぼったくりとは居酒屋やバーなどが法外な料金を取ることで、出会い系サイトで知り合った相手がグルになっているケースがあります。

「行きたかった店がある」と連れていかれ、法外な料金を取られてしまうというものです。

マルチ商法への勧誘と同様に詐欺ではないものの、高額な請求をされる可能性があります。

ぼったくりは立件が難しいため警察では対応しきれない事件が多いのが現状です。

ただし恐喝や暴行にあたる行為があれば、警察でも対応してくれる可能性があります。

またぼったくり被害での返金請求を考えているのなら、弁護士への相談がおすすめです。

良く知らない相手に連れていかれた店には十分に注意してください。

局長
トラブルに巻き込まれたら弁護士に相談をしてみましょう!
double_arrow詐欺被害に強い弁護士事務所はこちら!


出会い系サイトで詐欺にあったときの対処法

出会い系詐欺にあった時の対処法

出会い系サイトで詐欺にあったときの対処法について紹介していきます。

相手の行動が不審だったなら詐欺の可能性を考えましょう。

「出会い系サイトで知り合った相手に送金してしまった」
「投資に勧誘されたが理由をつけて出金してもらえない」

そんなときは証拠を集めたうえで、なるべく迅速に対処してください。

証拠になるのは以下のようなものです。

  • メッセージ・チャット・LINEの履歴
  • 購入させられた商品の領収書
  • クレジットカード明細などの支払い記録
  • 相手に送金した記録

証拠集めをしたあとの対処法を2つ紹介しますので、ぜひ確認してみましょう。


対処法1.警察に相談する

詐欺被害に遭ったのなら警察への相談を検討しましょう。

詐欺師に連絡をして、詐欺かどうかを聞くと証拠を消される可能性があるため要注意です。

集めた証拠を持参して警察に行くと、詐欺にあたるかどうか判断してくれるでしょう。

明らかな詐欺であったり、複数の被害者が出たりしているなら、捜査をしてもらえる可能性があります。

警察に相談しても解決できそうにないなら、弁護士に同行してもらうのもおすすめです。


対処法2.弁護士に相談する

すでに詐欺に遭っている場合は、詐欺被害に強い弁護士に相談をしましょう。

相談するのなら、詐欺事件での実績がある弁護士への相談がおすすめです。

弁護士に相談をすることで、詐欺師に被害金の返還請求ができます。

以下のように無料で相談を受け付けている弁護士事務所も存在するので、是非一度相談してみてください。

\詐欺被害の実績多数!/

横山法律事務所に相談する

※相談だけならお金はかかりません。


出会い系サイトで詐欺にあわないために気をつけたい3つのこと

出会い系サイトで詐欺にあわないために気をつけたい3つのこと

出会い系サイトで騙されないように気をつけておきたいポイントを、3つ紹介します。

詐欺の被害に遭っていても、騙されていると気づいていないケースは非常に多いもの。

気づかないまま高額な送金をしたり、騙されてしまうのは避けなくてはなりません。

ポイントを把握し、ぜひ詐欺対策に役立てましょう。


注意1.第三者を紹介されても会わない

第三者を紹介されても絶対に会わないようにしましょう。

出会ったばかりで「会わせたい人がいる」「お世話になっている人に紹介したい」と相手が言い出したら要注意です。

投資詐欺・副業詐欺・マルチ商法への勧誘である可能性が考えられます。

お互いの人柄もわからないうちから、相手の友人や先輩に会うのはちょっと変ですよね。

リスクが高いので、いきなり第三者を紹介されても会わないよう注意しましょう。


注意2.安易に個人情報を教えない

出会い系サイトで知り合った相手には、安易に個人情報を教えないようにしましょう。

教えてしまった個人情報はどうにもできないため、取り扱いには注意が必要です。

相手が勧誘ばかりする・相手が個人情報ばかり聞いてくるなど、不自然なときは警戒が必要です。

自分の身を守るためにも、個人情報の取り扱いには慎重になりましょう。

局長
詐欺師が自分の情報を正直に話すことはないと考えるべきじゃな。


注意3.すぐに信用しない

出会い系サイトだけでなくインターネット上では相手をすぐに信用しないことが大切です。

外見や性格などが、インターネット上と現実で全く違うパターンも考えられます。

国際ロマンス詐欺や投資詐欺の犯人が使用しているのは、イケメンや美女の画像です。

詐欺師たちは1度も被害者に会うことなく多額の現金を送金させています。

出会い系サイトで知り合った相手をすぐに信用するのはリスクが高いので、注意しましょう。

インターネット上に存在する画像であれば、Googleの画像検索で調べられます。

怪しいと感じた場合は、利用してみるといいでしょう。


出会い系サイトでの詐欺は弁護士に無料相談しよう

出会い系サイトでの詐欺は弁護士に無料相談しよう

出会い系サイト経由で詐欺に遭った時は、弁護士に無料相談してみましょう。

詐欺被害を得意としている弁護士なら、最近の詐欺事情にも詳しいので、それが詐欺なのか正確に判断できるでしょう。

「投資に誘われたが儲けを出金できない」
「詐欺で騙されたお金を取り返したい」

そんなときに力になってくれますのでなるべく早く詐欺被害を得意とする弁護士に相談をしてみましょう。

局長
詐欺師たちの要求金額は、最初は少なくても、どんどん高額になります。

送金した・送金を求められているなど、困ったときはすぐ弁護士に相談してください。
double_arrow詐欺被害に強い弁護士事務所はこちら!


まとめ

まとめ

出会い系サイトで知り合った相手が怪しいと感じるのなら、今すぐやり取りを辞めましょう。

詐欺や悪質な手口にあう前に連絡を絶つのが理想的です。

相手に恋愛感情があるのなら、「信じたい」「疑いたくない」と思うかもしれません。

その純粋な恋愛感情を利用するのが詐欺師たちです。

一度冷静になって、相手のことを見つめ直してみてくださいね。

もし疑わしい要素があるのなら、つらくても詐欺の可能性を考慮して、対策を考えましょう。

被害にあっているのなら、なるべく早く詐欺などのトラブル対応に強い弁護士に相談してください。

局長
横山法律事務所の口コミ・評判はこの記事を参考にしてみるんじゃな。
double_arrow『横山法律事務所は怪しい?口コミや評判を徹底調査』

\詐欺被害の実績多数!/

横山法律事務所に相談する

※相談だけならお金はかかりません。

-国際ロマンス詐欺

© 2022 詐欺被害対策情報局|おすすめの解決&対策方法を紹介