国際ロマンス詐欺

Facebookで知らない外国人から友達申請が来る理由【詐欺の可能性は?】

2021年10月28日

最近、Facebookを利用した詐欺が急増しています。

特に外国人からのメッセージで、詐欺に遭ってしまった人は多いようです。

そこで本記事では、Facebookを詐欺目的で利用している外国人の特徴や、実際に詐欺に遭ってしまった際の対処法についてもまとめています。

国際ロマンス詐欺についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
『国際ロマンス詐欺とは? 手口・対策・実際の事例などを徹底紹介』

当記事はこのような人におすすめ

  • そもそも知らない外国人がFacebookで友達申請してくる理由は何?
  • Facebookを詐欺目的で利用する外国人の特徴が知りたい
  • 実際に詐欺に遭ってしまった際の対処法は?
局長
 詐欺被害について今すぐに相談したい方はこちらから!
double_arrow詐欺被害に強い弁護士事務所へ相談する


Facebookで知らない外国人から友達申請される理由

Facebookで知らない外国人から友達申請される理由
まずは、Facebookで知らない外国人から友達申請される理由を紹介していきます。

詐欺目的

最も多いのが、詐欺目的によるFacebookの利用です。

最初は詐欺ではなく仲良くなるためにメッセージを重ねて、信頼を得たタイミングで金銭を要求する形が王道のパターンになります。

外国人とメッセージをするのは良い経験ですが、どれだけ仲が深まっても金銭を要求されたら詐欺を疑った方が良いでしょう。

局長
知らない外国人の友達申請は、詐欺の可能性を疑った方が良いですよ。

恋愛目的

日本人を好きな外国人は多いので、恋愛目的で友達申請を受けることがあります。

恋愛目的であれば、自分が外国人に興味があるならメッセージして仲を深めるのも良いでしょう。

しかしながら、恋愛目的のメッセージが続いていても、急にお金を要求してくるケースはあるので注意が必要です。

本当に好きな相手にお金を要求することはないので、詐欺を疑ってください。

人脈を広げたい

日本人の人脈を広げるために友達申請をしてくる外国人も、一定数は存在します。

しかしながら、外国人が日本人の人脈を広げたいと考えている理由は、ビジネスなどの可能性が高いです。

お金が絡む可能性が高いので、十分に注意しながらメッセージしましょう。

語学力を身に付けたい

日本語を学ぶために、実際に日本人と会話したいと考えている外国人は多いです。

特に学生アカウントだと、語学力を学ぶ目的で友達申請してきた可能性が高いので、メッセージしてあげても良いと言えるでしょう。

しかしながら、学生アカウントになりすましている可能性もあるので、注意が必要です。

局長
 少しでも怪しいと思ったら、一度弁護士に相談してみましょう。
double_arrow横山法律事務所へ無料で相談する


Facebookを詐欺目的で利用する外国人の特徴

Facebookを詐欺目的で利用する外国人の特徴
それでは、Facebookを詐欺目的で利用する外国人に、どのような特徴があるのか紹介していきます。

最初は恋愛の感じで話してくる

最初は恋愛目的のような感じでメッセージを送ってくる外国人が非常に多いです。

「あなたの顔やプロフィールに興味を持った」
「日本人と真剣に結婚がしたい」

上記のような誘い文句でメッセージが来て、仲を深めたタイミングで金銭を要求してきます。

「一緒に会いたいけど、渡航費用がなくて負担して欲しい」
「プレゼントを贈りたいけど、関税が支払えないから振り込んで欲しい」

恋愛関係で仲を深めたとしても、金銭の要求には絶対に応えないようにしましょう。

話の辻褄が合っていない

話の辻褄が合っていない外国人は、詐欺をしている可能性が高いので注意しましょう。

本当のことを話しているのであれば、話の辻褄が合わないことはありません。

何かしらの嘘をついて話の辻褄が合っていないので、詐欺の可能性を疑うべきです。

局長
知らない人に嘘を付いている時点で危険なので、関わらないようにして下さい。

お金に困っている雰囲気を匂わす

お金に困っている雰囲気を匂わして助けを求めてくるのは、詐欺の典型的なパターンなので騙されないようにしましょう。

「親が大きな病気になって、手術しないといけないけど、お金が足りなくて困っている」
「銀行や消費者金融からお金を借りていて、支払えないから家が無くなってしまう」

上記のようなメッセージで、お金に困っている雰囲気を匂わせてきます。

同情して金銭を渡してしまう人も多いですが、一般的にはお金に困っている状態の人に返金能力はありません。

知らない外国人に同情して詐欺の被害に遭う人は多いので、絶対に金銭は渡さないようにしましょう。


Facebookで詐欺に遭った際の対処法

Facebookで詐欺に遭った際の対処法
最後に、Facebookで詐欺に遭った際の対処法についてもまとめておきます。

警察に通報する

まずは警察に通報して、事件として捜査できるのか相談してみましょう。

  • あまりにも悪質
  • 相手の個人情報が特定できている
  • 同じ人から被害が多発している

上記のような場合は、警察で対応してくれる可能性があります。

しかしながら、警察も取り扱っている事件が多く、個人単位の詐欺被害は対応してくれない可能性が高いです。

局長
警察も忙しいので、全て相談に乗ってくれないと覚えておきましょう。

・弁護士に相談する

警察が対応してくれない場合は、弁護士に相談してみましょう。

弁護士であれば費用を払うことで、確実に事件について調べてくれます。

また、詐欺の被害に遭った金額を回収することも可能です。

まずは、無料で相談できる弁護士事務所に連絡してみることをおすすめします。


まとめ

まとめ

本記事では、Facebookを詐欺目的で利用している外国人の特徴や、実際に詐欺に遭ってしまった際の対処法について解説しました。

最近は、Facebookを使った詐欺が急増しているので注意してください。

騙されていると感じている時点で詐欺の可能性が高いため、弁護士に相談することをおすすめします。

相談であれば無料で対応してくれる弁護士事務所も多いので、気軽にお問い合わせしてみましょう。

局長
横山法律事務所の口コミ・評判はこの記事を参考にしてみるんじゃな。
double_arrow『横山法律事務所は怪しい?口コミや評判を徹底調査』

\詐欺被害の実績多数!/

横山法律事務所に相談する

※相談だけならお金はかかりません。

-国際ロマンス詐欺

© 2022 詐欺被害対策情報局|おすすめの解決&対策方法を紹介