国際ロマンス詐欺

入籍目前で破談したら結婚詐欺になる?注意すべき詐欺師の特徴や手口も解説

「入籍を約束した相手が急なトラブルに見舞われて、まとまったお金が必要になった」としたら、結婚相手にお金を渡してトラブルを解決しようと思う人は多いのではないでしょうか。
しかし、お金を渡してもトラブルは解決せずさらにお金が必要な事態になり、入籍することなく気づいた時には自分の貯金も結婚するはずの相手も一切なくなっていた。
としたら悲しさや悔しさは計り知れないでしょうが、裏切られた気持ちと渡したお金を取り返したいとも思うことでしょう。
そこで今回は、「入籍目前の破断は結婚詐欺になるのか」について解説します。
結婚詐欺の特徴や近年の手口も併せて紹介しますので、入籍を控えた方やこれから結婚しようと考えている方は自分の身を守る参考にしてください。
【この記事でわかること】

  • 結婚詐欺とはどんなものか
  • 結婚詐欺が認められる4つのポイント
  • 入籍をエサに騙す詐欺師の特徴
  • 結婚詐欺師の手口
  • 結婚詐欺に気づいたときにやるべきこと
  • 結婚詐欺入籍によくある質問と答え
局長
 詐欺被害はここから相談するのじゃ! double_arrow詐欺事件に強い弁護士事務所へ相談する

Contents

そもそも結婚詐欺とは?


結婚詐欺とは「結婚すると嘘をついてその気にさせて、金銭を要求したり財産の所有権を変更させる詐欺行為」のことで、法律上れっきとした犯罪です。
具体的には、結婚をほのめかしたり約束してお互いに結婚の意思があるように思わせ、交際期間中にさまざまな理由をつけてお金のみならず貴金属や不動産などの財産を渡すよう要求してきます。
そして財産を騙し取れるだけ取ると、音信不通になり行方をくらますというケースが代表的です。

入籍目前の破談は結婚詐欺になる?詐欺が成立される要件を解説


「結婚詐欺」という言葉は認知度が高く、どんな犯罪かイメージがつくという人が多いことでしょう。
しかし、実際には「結婚詐欺罪」という罪はなく、法律上は刑法第246条1項の「詐欺罪」として成立する可能性があります。
詐欺罪が成立するにはいくつかの用件があり、全てを満たさないと成立しない大変難しい犯罪の一つと言えます。
そこで以下に挙げた詐欺罪成立に必要な要件について詳しくみていきましょう。

欺罔(きもう)行為があるか

「欺罔」という言葉は普段聞き慣れないでしょうが、「他人を欺(あざむ)く」つまり「相手に嘘をついて騙す」ことを意味します。
欺罔行為というのは、ある目的のためにまずひとつの嘘をついて相手に信じさせてから、目的達成のために別の嘘をつくことです。
結婚詐欺における具体例では、「結婚しよう(または入籍しよう)」と実際はするつもりがないのに嘘をついて相手を賛同させ、その後「親が病気で治療費が必要だが今すぐ動かせるお金がないので貸して欲しい」などとお金を手に入れるための嘘をつく、という行為が「欺罔行為」にあたります。
そのため、結婚詐欺を言及した際に「入籍はしなかったが結婚する意思はあった」と欺罔行為と否定する結婚詐欺師が多く、結婚詐欺の成立が難しいひとつの理由になっています。

相手の錯誤(さくご)があるか

「錯誤」という言葉も聞き慣れないでしょうが、「相手が嘘を信じて騙されること」を意味します。
そのため、錯誤の前には欺罔行為があるというのが必然になります。
前述した「結婚(または入籍)しよう」、「親が病気で治療費が必要だが今すぐ動かせるお金がないので貸して欲しい」という欺罔行為を信じた状態が錯誤にあたるということになります。
さらに、「お金は貸すだけで後で必ず返してもらえる」と信じることも錯誤と言えます。
このように、錯誤に関しては騙された側の状態になりますので、具体的な証拠がなくても「錯誤の状態であった」と主張することは難しくないでしょう。
「結婚しようと言われたので、結婚する気になっていた」という相手の言動に対して信じたことがわかるような流れを明確にしておくことが大切です。

交付行為があるか

「交付行為」は相手の嘘を信じた結果、金銭を振り込んだりその他の財産を「被害者が財産を移動させる」ことを意味します。
この「被害者が」自分で「移動させる」という行為が重要です。
例えば結婚を約束していて同棲していた場合などに、結婚詐欺師が被害者の財布から勝手にお金を取ったり所持している貴金属を持ち出して換金したとしても、被害者の意思で渡していなければ交付行為にはあたりません。
あくまで「被害者が自分の意思でお金や財産を移動した」ことが詐欺罪成立のポイントになります。
補足ですが、結婚詐欺師が勝手にお金や財産を持ち出す行為は「窃盗罪」として成立する可能性がありますので、警察に相談しましょう。

財産の移転があるか

「財産の移転」はお金やその他の財産が被害者から他人に「移転する」ことです。
結婚詐欺師の銀行口座にお金が振り込まれたり、不動産の権利移譲契約が締結したなど、確実に財産が移転したことが重要です。
そのため、結婚詐欺師が身元バレを防ぐために、別の人間に金品の受け取りの仲介を依頼したとしても、被害者から財産の移転が認められるため「財産の移転」の要件は満たしているということになります。
しかし、例えば銀行で詐欺を疑われ振り込みが中断されたり、被害者が詐欺に気づいて財産を渡さなかった場合は詐欺罪の要件を満たしていないことになります。
この場合は「詐欺未遂罪」が成立し、逮捕や処罰の対象になる可能性があるでしょう。

結婚詐欺は「最初から騙すつもりがあったか」が大きなポイント

結婚詐欺が詐欺罪として成立するためには「欺罔」、「錯誤」、「交付」、「移転」という要件が全て揃っている必要があります。
このうちひとつでも欠けていると「詐欺罪」としては成立しません。
そして詐欺罪成立のために最も重要なのが「最初から騙すつもりがあった」事実を証明することです。
具体的な例としては、「既に結婚しているにもかかわらず求婚して相手をその気にさせた」、「提出するつもりがないため婚姻届に嘘の情報を記入した」などがあたります。
そのためたとえ財産の移転がなくても「欺罔行為」が証明された時点で「詐欺未遂罪」として犯罪と認められる可能性があるというのも重要なポイントです。

入籍の話でその気にさせる結婚詐欺師の特徴


結婚詐欺には、最初から騙すつもりで嘘をついていた「欺罔行為」があることがポイントですが、具体的にはどういった特徴があるのでしょうか。
入籍の話でその気にさせる結婚詐欺師の特徴を実際に見られたケースをもとに以下のまとめましたので、入籍しようと言われているけれど詐欺かもしれないと不安がある方は当てはまる部分があるかチェックしてみましょう。

婚活パーティーやマッチングアプリに多くいる

結婚詐欺は古くから存在し、結婚詐欺師は男性よりも女性の方が多い傾向があり、女性の結婚詐欺師がターゲットを探す方法としてお見合いパーティや結婚相談所を利用するケースがよくみられていました。
これにはお見合いパーティや結婚相談所を利用するのに女性は個人情報のチェックが甘く、プロフィールを詐称しても利用できるところが多かったことが理由に挙げられています。
ところが近年のコロナ化の影響により、SNSやマッチングアプリなどインターネットを利用して直接対面せずに簡単に出会える方法が増えてきたことを受けて、結婚詐欺師のネットの出会いを利用した手口が増えています。
出会いの方法の多様化により男性結婚詐欺師も増えており、中年以降の女性がターゲットにされやすいとも言われています。

高学歴・高収入など、高スペックを装う

婚活パーティーやマッチングアプリで出会いを利用するのには、明確に結婚目的であることも多いでしょう。
特に女性の場合は、不安定な社会情勢の中を安心して生きていくために「高学歴や高収入」な男性と結婚したいと思う人も少なくないはずです。
そこの目をつけた結婚詐欺師は、プロフィールを高学歴高収入など高スペックを装う特徴があります。
一部のマッチングアプリには、利用にあたり本人認証のための身分証や収入証明の提出が必要なアプリもありますが、証明書や写真不要で簡単に登録できるアプリもあります。
そのため結婚詐欺師が高スペックを偽ってマッチングアプリをりようし、ターゲットを探している可能性があると思った方がいいでしょう。

高級車を所有しているはずが「修理中」と言って、いつもレンタカーに乗っている

結婚詐欺師が高学歴や高収入に設定している場合、高級車を複数台所有していたりした不動産を持っているとプロフィール写真でアピールしているケースが多く見られます。
しかし、会うときはいつもレンタカーや電車の場合もあり、理由を聞くと「自分の車は修理中」だと言って高級車の実物を見ることがない場合は、よくある結婚詐欺師の特徴かもしれません。
高級外車の中には、修理のための部品が希少でなかなか手に入らないことや、修理できる職人が限られているなどの理由で国産車よりも修理に時間が長くかかる車ももちろんあります。
そのため一概に車が修理中だという言葉が嘘だとは限りませんが、会うたび毎回レンタカーで数ヶ月経っても所有しているはずの高級車を見られない場合は、結婚詐欺師の特徴である嘘をついている可能性を疑いましょう。

免許証を見せない、自宅に招かないなど、個人情報を隠しがち

将来を共にする約束をした関係であれば、お互いの個人情報は知っていて当然でしょう。
しかし、結婚詐欺では徹底して個人情報を隠すという特徴があります。
結婚の話が出ていないカップルでも、お互いの自宅を行き来することは自然な流れですし、男性からしたら交際している女性の安全のために家まで送り届けたり迎えに行くのは普通のことです。
もし、結婚や入籍の話が出ているのに自宅に招かない、もしくは自宅の場所を教えない場合は何らかの理由があると考えられます。
その際、免許証や保険証など住所が記載されている証書を見せるよう頼んでもはぐらかす素振りが見られたら、結婚詐欺を疑った方がいいでしょう。
結婚詐欺ではなかったとしても、自宅に招かなかったり個人情報を教えない相手と結婚の話を進めるのは思いがけないトラブルの可能性がありますので、慎重になることをおすすめします。

写真を撮りたがらない

一緒に過ごした楽しい思い出として、2人の写真を残したいと思うのは一般的な交際中のカップルにおいては自然な感情だと思われます。
しかし、結婚詐欺師にとって写真は詐欺がバレた時の証拠になりえる恐ろしいものです。
今やスマホの写真機能はかなり高機能なため、いつどこで撮ったかがGPSを利用して確実な証拠として残ります。
さらに、本人認証機能を使えば「よく似ているけど他人だ」などと言い逃れることもできません。
そのため、結婚詐欺師は極端に写真嫌いだとアピールし、写真を撮ろうとすると怒る反応を見せるケースもあるようです。
もちろん写真が苦手な人も世の中にはたくさんいるので、写真を撮りたがらないだけで結婚詐欺を疑うのは相手に失礼かもしれませんが、あまりに過剰な反応で写真を拒否する場合は要注意だと覚えておきましょう。

会社や仕事の話をしてくれない

「一緒にいるときは仕事のことは忘れたい」「仕事の話になるとマニアックすぎて引かれることが多いから話したくない」など、仕事の話をしたがらない人が多いのは一般的によくあることかもしれません。
そのため仕事内容や職場の人間関係などの話を避ける以外に、会社名や会社の所在地などの会社の情報や、勤め先の部署や役職などを教えてくれなかったり名刺を見せてくれない場合は注意が必要です。
個人情報を隠すのと同じく、会社や仕事の情報をおしえてくれないということは、知られたくない理由があるからと考えられます。
結婚詐欺師は基本的に無職のことが多く、ダミーの会社や大企業に勤めていると嘘をついているケースや、独立して自営でSEなどの専門職をやっていると設定しているケースがよく見られます。
会社の情報や仕事内容から、実際に勤めていないことや仕事をしていないことがバレないように、できるだけ仕事については話さないようにしているというのが結婚詐欺師の特徴といえます。

入籍の話は出るが、両親や兄弟、友人を紹介する気配がない

結婚しても離婚するカップルが増えている近年、結婚に対する感覚が一昔前よりもカジュアルに変化しつつありますが、結婚というのはやはり本に同志だけのものではなく、家族同士や友人にも影響を与えるものだといえるでしょう。
そのため、入籍の話が進んでいるのに家族や友人を紹介するそぶりが見られないのであれば探りを入れてみましょう。
「そのうち会わせる」などとうやむやにしたり、家族の居住地を曖昧にしたり写真を見せないなどの言動が見られたり、自分の家族や友人を会わせたいと持ちかけたときに、「今は忙しいから落ち着いたら」などと避けるような態度を見せたら、結婚詐欺を疑った方がいいでしょう。

お金に困る場面が多く、現金で貸してほしいと言ってくる

順調に交際を重ね、入籍後の結婚生活について計画しようとした矢先、「入籍に障害があるお金に関するトラブル」が起きるようになるのが結婚詐欺の代表的な手口です。
「自営の仕事で大きな損失を出して穴埋めに至急お金が必要」
「家族が事故に遭った(病気になった)ので手術費が必要」
などさまざまな理由で急にまとまったお金が必要になります。
そしてお金の立て替えを了承すると、受け渡しは現金がいいと指定してきます。
これは振り込みでは銀行などの金融機関に記録が残り、詐欺がバレたときに証拠となって相手に残ってしまうからです。
「とにかく急いでいるから現金が必要」などと困っている姿をアピールしてきますが、入籍話の後にお金のトラブルが起きて現金を要求された場合は、結婚詐欺だと思って間違いないでしょう。

入籍の話でその気にさせる結婚詐欺師の手口


結婚詐欺師は入籍をエサに相手からお金を騙し取りますが、第三者の目から見ると「何でこんな手口に騙されるのかわからない」と思うかもしれません。
しかし実際の被害者からは、「相手がいなくなった後でも自分が騙されていると思わなかった」という声が聞かれるくらい結婚詐欺師の手口は巧妙です。
ここではそんな巧妙な結婚詐欺師の手口を以下にまとめましたので、被害に遭わないよう参考にしてください。

知り合って早い段階から、入籍や同棲の話をする

婚活アプリやマッチングアプリを利用した出会いでは、結婚を目的としていることも多いため出会ってすぐに結婚話が出てもおかしくありません。
結婚詐欺師は「高学歴・高収入」などの高スペックを掲げているため、理想の結婚相手として見えることでしょう。
結婚詐欺師の場合は、具体的な入籍時期や同棲開始時期などについても早い段階で話題にして結婚への期待を膨らませるように仕向けてきます。
婚活を続けてきて、なかなか結婚相手と出会えないと悩んでいるときに、出会ってから早い段階で理想の相手に入籍や同性の話をされたら、嬉しい気持ちが勝って相手への警戒心が薄れやすい傾向があるでしょう。
結婚詐欺師はそんな人間の心理を利用した巧妙な手口を使うという特徴があります。

数ヶ月は良い恋人を演じて、信頼関係を構築する

出会ってすぐに入籍の話が出て結婚へ向かって関係が進み始めると、結婚詐欺師は本来の目的である「お金を騙し取る」ことを計画し始めます。
いつどのようにお金を要求するか、相手の貯金や現金化できる財産がどれくらいあるのかを探るため、良い恋人を演じる手口が多く見られます。
結婚詐欺師は常に優しく接し相手が求める言動で「理想の結婚相手」を演じつつ、何気ない会話の中からお金の情報や身内や友人に警察や法律関係の職業についている人がいないかなどの、お金を騙し取るのに重要な情報を得ようとするのです。
十分な情報のために数ヶ月要することは珍しくないため、被害者も交際期間が長くなるほど相手を信用する傾向があり、信頼関係を構築してから詐欺行為に至るという卑劣な手口が使われています。

突発的にお金が必要になったと言って、お金の話を持ち出す

順調に交際を重ねて数ヶ月経過すると「いつ入籍しても大丈夫だろう」、と相手への信頼がかなり高い状態になっているでしょう。
そんなときに、突発的なトラブルによりお金が必要になる事態に陥るのが結婚詐欺の常套手口です。
「親に大きな病気が見つかって手術するためのお金がすぐに必要」
「取引先が急に倒産したので見込んでいた利益分を補填しないと会社が危ない」
などと言ったような予測不可能でお金が必要なことが起こり、「自分の資産は定期預金や株に回しているのですぐに現金化できないから貸してほしい」と自分がすぐにお金を用意できない理由を正当化してお金を要求してきます。
入籍目前だと信じていると、この先結婚して財産を共有することになるからいいだろう、と思い込んでお金を渡してしまうというのが結婚詐欺によくみられる手口なのです。

「入籍のために事業を軌道に乗せる必要がある」などと言って、大金を要求する

もう一つよくある手口に、「将来の結婚生活のためにお金が必要」と要求してくるパターンも見られます。
「これからの結婚生活でお金に不自由しないよう、今の事業を拡大して軌道に乗せる必要がある」、「2人の時間を多く取れるように、働かなくてもいいようにするための投資として不動産を購入しよう」などど「2人のため」という理由を強調して大金を要求してきます。
冷静な状態であれば、大きな額の要求には慎重な検討を重ねたり、第三者へ相談して決めるでしょうが、入籍を控えた相手から「自分も払うから折半してほしい」と頼まれたら、「将来的に利益になって返ってくるだろう」と応じてしまうケースが増えています。
コロナ禍の不安定な経済状況に対する不安もあり、投資や不労所得への期待を持つ人が増えてきたというのも、この手口に騙されてしまう一つの理由と言えるでしょう。

これ以上お金が出ないと判断したら消える

次々にお金が必要なトラブルが起き、「どうせ結婚して財産は共有になるのだから」と言われるがままにお金を渡していて、あるとき貯金が底をついたことがわかった途端に結婚詐欺師は姿を消してしまいます。
自分が知っている連絡先はどれも音信不通となり、一切連絡が取れない状態になるのが結婚詐欺の手口です。
結婚詐欺師は自分の身元を明かさないよう、出会いの前から用意周到に準備を重ねていますので、LINEやメールや電話番号は不通になっており、身元を調べようとしても嘘の情報が出てくるだけで本人には辿り着けないでしょう。
結婚詐欺師は家族や友人などを紹介しないことが多いため、本人以外の人物から探す方法がわからないというのも結婚詐欺によく見られる手口です。

入籍の話よりお金の話ばかり、もしかして結婚詐欺?と感じた時にやるべきこと


出会ってすぐに結婚や入籍の話をしているのに、いざ交際期間が長くなってくると入籍の時期の話よりもお金の問題が多い。
という場合は、結婚詐欺の可能性が考えられます。
もちろん相手の入籍したいタイミングと仕事や家族のトラブルのタイミングが重なっているだけの場合もありますので、結婚詐欺を見極めて被害に遭わないようにするためにも、いかに挙げた行動を実践しましょう。

免許証をみるなどして、改めて個人情報を確認する

「いつになっても自宅に招いてくれない」、「勤め先の場所や部署がよくわからない」など相手に対する個人情報の不明点が気になる場合は、思い切って免許証や保険証を見て個人情報から不明点をはっきりさせましょう。
免許や保険証を見せてほしいとストレートに頼んでみて、あからさまに嫌がったり理由をつけて断ってきたら、結婚詐欺を疑うとともに結婚相手として信用できるか冷静に判断することが必要でしょう。
また、免許証や保険証には偽造の可能性もありますので、できれば写真に撮っておくことをおすすめします。
本人の前で写真を撮るのは難しいかもしれませんが、できるだけ証拠として残しておきましょう。

いかなる理由であっても、お金は一切貸さない

「家に財布を忘れてきたので食事代を立て替えてほしい」、「手持ちを確かめるのを忘れてお金が足りない」など、誰でも日常に起こり得る状況でも、お金を要求されたら慎重になりましょう。
結婚詐欺師はまず、食事代やちょっとした買い物といった少額で「こいつはお金を要求したら応じるか」を見極めているのです。
最初は数千円の少額から始まり、数万円数十万円とさまざまな理由をつけてどんどんお金を要求してきます。
そして「もうこれ以上払えない」というところにくると突然姿を消すのが結婚詐欺師です。
ですので大切なのは「いかなる理由があってもどんなに少額でもお金は貸さない」ということです。
「入籍前にお金のやり取りはできない」、ときっぱり断りましょう。

お金を渡さないことで態度が豹変したら、警察や弁護士に相談する

相手の要求に応じて1度でもお金を渡してしまうと、結婚詐欺師は次から次へと理由をつけてお金を要求してきます。
度重なる要求を不審に思って「これ以上貸せない」と断ると、「愛しているなら助けたいと思うのが当たり前だ」などと説得したり、「かしてもらえないと結婚はおろか普通の生活もできない」と泣き落としてくるなどさまざまな手を使ってくるのが結婚詐欺師です。
中でも厄介なのが、お金の要求を断ると暴力を振るい恐怖心を煽ってお金を取ろうとするケースです。
理想的な結婚相手だと思っていた相手から暴力を受けると、精神的ショックはかなり大きく冷静な判断ができなくなり、恐怖から相手の言うなりになってしまう可能性があります。
このケースでは、経済的被害と精神的被害に加え身体的被害も加わりますので、詐欺罪だけでなく暴行罪も加わる可能性があります。
重大な犯罪に問われるため、相手の態度が豹変したらすぐに警察と弁護士両方に相談しましょう。

結婚詐欺入籍に関するよくある質問


「最近知り合って理想の相手だと感じているので入籍を考えているけれど、結婚詐欺かもしれないから不安」という人のために、結婚詐欺入籍に関するよくある質問と答えを以下にまとめました。
結婚詐欺に関して不安がある人は参考にしてくださいね。

体の関係があったら結婚詐欺になる?

結婚詐欺を罪に問う場合は、「詐欺罪」として成立させることが重要です。
詐欺罪成立には「欺罔」「錯誤」「財産の交付」「財産の移転」という要件を満たしている必要がありますが、この中に体の関係の有無に関する要件は含まれていません。
したがって、体の関係の有無が詐欺罪の成立不成立に直接関係することはないといえます。
ただし、「欺罔」と「錯誤」においては体の関係の有無が影響する可能性はあるでしょう。
つまり、体の関係があったという事実だけで結婚詐欺が認められることはありませんが、「入籍しようと言われて信用して体の関係を持ったのち、お金を要求され渡した途端音信不通になりお金が返ってこない」といった場合は詐欺罪が成立する可能性が考えられます。

お互いの両親に挨拶した後なら結婚詐欺になる?

お互いの両親に挨拶が済んだということは、本人同士の意思のみではなく家族も結婚に合意した状態になり、お互い結婚するという意思が明白だといえます。
しかし、結婚詐欺にはお金や財産を相手に移転させるという要件が必要ですので、お互いの両親に挨拶しただけでは結婚詐欺として罪に問うことはできません。
また、結婚詐欺師が自分の本当の両親を騙す相手に紹介するのは考えにくいため、詐欺師側の両親と名乗る人もグルかもしれませんので、結婚詐欺師が行方をくらませた後に被害者が直接両親と名乗った人物にコンタクトを取るのは二次被害のおそれがあるためおすすめできません。
仮に向こうから連絡があったそしても、自分で対処せずに弁護士や警察に対処法を相談することをおすすめします。

詐欺師に多い名前はある?

結婚詐欺師は身元を知られないように個人情報は嘘をついていることがほとんどです。
名前も偽名を使っていますが、「日本人に多い名字、名前ランキング」に掲載されている上位のよくある名字と名前を組み合わせていることが多いという特徴があります。
これにはインターネットで名前を検索したときに、同姓同名がたくさんヒットするので調べにくいという詐欺師にとって都合がいいからだと言えるでしょう。
出会った相手に詐欺師の特徴がいくつか見られ、よくある名前だった場合は「詐欺師かも」と疑って接した方がいいかもしれません。

まとめ:入籍の話で信頼させる結婚詐欺師は多いので注意しよう


不安定な社会情勢や経済の中で、心から信頼して寄り添える相手と結婚し一緒にいたいと思う人が増えている昨今、出会いの方法はインターネット上のSNSやマッチングアプリを利用するなど多様化しています。
そんな世の中や出会いの変化の中で、結婚詐欺師の手口はどんどん巧妙化しています。
しかし、結婚詐欺の変わらない手口は「入籍」という言葉で相手をその気にさせて、いずれお金を騙し取ることです。
将来への不安や、結婚を夢見る気持ちを利用した卑劣な結婚詐欺に遭わないよう、出会ってすぐに入籍の話をする怪しい相手には近づかないように気をつけましょう。

局長
 詐欺被害はここから相談するのじゃ! double_arrow詐欺事件に強い弁護士事務所へ相談する

\詐欺事件の対応実績多数!/

横山法律事務所に相談する

※相談は無料です!

-国際ロマンス詐欺

© 2022 詐欺被害対策情報局|おすすめの解決&対策方法を紹介